山飯…バジリコパスタ

スポンサーリンク

比較的山でもうまく作れて、軽くて用意も簡単なバジリコパスタ。シーチキンのアクセントが効いて食べやすいです。カロリーもたくさん補えるのがうれしいです。シーチキンと交互に食べれば、食感もちがうので一品でも結構満足できます。

バジリコパスタの食材

サラスパ

はごろも サラスパ 200g×5個 (5520) 

登山の定番。長さが短いのでコッヘルに入りやすいのと、かつパッキングしやすく、さらにジッパーの袋に入っているので登山には便利。さらに細いので茹で時間も4分と短く、200g入りなので二人分にちょうど良い。一人なら二回分にピッタリただやっぱり細いので麺の食べごたえ的には普通のパスタと全然違うなぁという印象があります。

シーチキン 「液切りしないで使えるツナフレーク」

はごろも シーチキンLフレーク液切不要(タイ産) 500g (8234)

スポンサーリンク

これは登山の料理にはちょうどいいサイズで、かなりオススメです。油漬けの普通のシーチキンなんですが、たっぷりの油ではないので捨てる必要が無いことと、何よりも缶のゴミが出ないのが良いです。

粉末バジリコ

キユーピー あえるパスタソース ペペロンチーノ (25g×2P)×6個 

粉末パスタソースは各種発売されています。

オリーブオイル

大さじ2杯(30ml)。小さい入れ物に入れて持っていきます。

作り方

パスタの硬さにうるさくて確実においしいパスタを食べたい人で、かつ水場環境と燃料と時間が許す方は以下のように茹でるとベストです。

1. 茹でる

一食ずつ茹でます。1Lの水を沸騰させ、1人前(100g)のパスタをいれて、常にゴボゴボと沸騰させながら4分間茹でます。 お湯がテント内にこぼれないように注意して下さい。

2. オリーブオイルと粉末バジリコを和える

お湯を捨てて、オリーブオイル(一人15ml)を全体に和えたあと、粉末バジリコを混ぜます。1食づつ茹でた場合、バジリコの配分に注意して下さい。

3. 盛りつけてシーチキンを乗せたら、できあがり

冷めたり伸びたりするとまずくなるので出来た人から順次食べます。

トップページに戻る

スポンサーリンク