登山の服装

スポンサーリンク

登山靴、ザック、レインウェアは登山の3大装備と言われることが多いですが、それらと同じくらい重要なのが登山の服装です。

山では一日中雨の中を歩いたり、強風にさらされたり、夏でも寒かったり、晴れの予報で大雨だったり。登山はそんな超大自然の中で過ごすので、直接肌に触れ、そして体を守ってくれる服に気を遣うことを疎かにしてはいけません。

でも、かと言って高機能で高価な服を買い揃える必要はありません。高価なアウトドアウェアにはメリットがたくさんありますが、普段着ているトレーニングウェア等を代用することができます。

このページでは、普段着の場合どのような服や素材が適しているか、またアウトドアウェアを買うならどんな物を選んだらよいか、などについて書いています。

はじめての登山は普段着を活用しよう

スポーツウェア、ジャージなどの化繊素材の服を選ぶ

登山用品店に行くとたくさんの登山用ウェアが販売されています。軽いもの、汗が乾きやすいもの、ストレッチ素材の動きやすいもの、頑丈なものなど、登山で快適に、安全に過ごせるよう工夫されたウェアがたくさん販売されています。

それらを用意して万全の体制で登山に臨むのは素晴らしいことですが、沢山の登山用品を揃えなおかつ下から上までウェアを揃えるのはとても難しいことです。

最初の登山では普段着を活用しましょう。体が動かしやすいポリエステルなどの化繊素材の服、またはスポーツウェア、ジャージなどもいいですね。綿素材の服は乾きにくいので避けましょう。

登山の経験に合わせてウェアを買いそろえる

自宅にある服を利用して足りない物だけを買い揃えれば、出費も随分おさえることができますし、実際に登山をしてみて「これが必要だ」と感じたら購入するのが間違いのない方法だと思います。

なぜなら登山が初めての方は経験もないので、どのようなウェアが自分の登山に適しているのか、と言うのを判断するのはとても難しい事だと思うのです。

またこれはウェアだけでなくギアを選ぶ際にも言える事なのですが、初心者の方は高価で高機能な商品を買ってしまう傾向にあります。

経験と知識を蓄えながら、また熟練の登山者やアウトドアショップの店員にアドバイスをもらったりしながら、本当に必要な物だけど徐々に増やして行く、と言うのがお金も多く使わない賢い方法だと思います。

それまでは人に借りたり、あるもので済ましながら登山を続けるのがおすすめです。

登山の服装は重ね着が基本

服を着たり脱いだりを繰り返しながら登山をする

登山は暑かったり寒かったりの繰り返しです。登っている時はTシャツ一枚でも暑いのですが、稜線にでるとダウンジャケットが欲しくなるほど寒くなる時もあります。

そしてあわてて着こんで歩くとすぐ暑くなり、また脱いで、休憩したら寒いのでまた着て・・・と、服の着脱を繰り返しながら登山をするのです。

面倒くさいなあ、と思われるかもしれませんがこれが正解です。面倒くさがって寒いのをがまんしてしまうと、体が冷やされ体力を消耗し、体調が悪くなって動けなくなることもあります。

体がかたくなると動きにキレがなくなり、怪我もしやすくなってしまうのです。ですので少しでも寒いな、と思ったらすぐに上着を羽織るようにしましょう。休憩する際でも、バックパックを下ろしたらすぐ羽織るくらいがちょうど良いのです。

そのため上着はいつでも取り出しやすいような場所にしまっておくと良いでしょう。この動作を習慣付けるのも大事な事ですね。

レイヤリング(重ね着)を考える

このように脱ぎ着を繰り返す登山では、ベースレイヤー(肌着)、ミッドレイヤー(中間着、保温)、アウターレイヤー(防風、防水)の3つのレイヤーに分け、トータルに服装を考える必要があります。

少し寒い時は一枚着て、もうちょっと寒くなったらもう一枚。その時その時のシチュエーションにあわせて服を脱ぎ着し、体温をベストな状態に調節する必要があります。

着ている服はTシャツで防寒着はダウンジャケットのみ。この様な状況だと体温調節が難しくなります。上では3つのレイヤーと書きましたが、常に3枚の服で考えるわけではありません。

寒ければさらに中間着を足すべきですし、また歩行中に寒ければTシャツを2枚着てももちろんかまいません。

3つのレイヤーと言うのはあくまで基本の考え方で、そこからその場の状況や個人差によって、必要と思われるものを足していけば良いのです。

防寒用と予備用にシャツをもう一枚

話はちょっとずれますが、山小屋やテント泊の登山をする人の中には、着替えをする人、着替えをしない人がいます。

一泊程度なら着替えなくてもさほど気になりませんが、シャツが雨でずぶぬれになる事も考えられますので、替えのシャツを一枚持っていると安心です。

長袖のシャツが一枚あると防寒着にもなるので、予備用のシャツとしてバックパックに忍ばせておくことおすすめします。

レイヤリングの服選び

ベースレイヤー(肌着、アンダーウェア)

綿は必ず避ける。速乾性のものを

肌着、アンダーウェアとも言いますが、選ぶ際にまず考える事は素材です。汗冷えをしないよう乾きやすい化繊素材のもの、また春秋の寒い時期にはウール素材のアンダーウェアもおすすめです。

アンダーウェアには様々な厚さがあり、薄いものは夏山用に、暑いものは春秋の登山用に使い分けたり、またアンダーウェアを重ね着する事もあります。

形状はクルーネックやハイネックのハーフジップタイプが多く、クルーネックは重ね着しても首周りが楽ですし、ハーフジップのタイプはジッパーを開け閉めすることで温度調節が簡単に行え、着脱も容易です。

アンダーウェアの素材にはウールや化繊、それとウールと化繊をあわせたハイブリッド素材、防臭効果を持つものなどがあります。ぴたりとフィットするアンダーウェアの場合は素材の肌触りの好みがありますので、店頭で試着してから購入するのが無難です。

ミッドレイヤー(中間着・防寒着)

保温力、吸汗拡散性に優れた素材を

中間着にはフリースかインナーダウンが定番です。フリースはアウターにもインナーにも用途が広く、軽く、保温力も吸汗拡散性にも優れている登山の服装に最適な素材です。

特に薄手のフリースは様々な季節で行動着兼インナーとしても使用できるのでおすすめです。ダウンジャケットも風に強いのでインナー、アウター、と幅広く利用することができます。

またダウンの最大の特徴は軽量でコンパクトに収納できること。メインの防寒着として使用せず、サブとしてザックに忍ばせておけば予想外の寒さの時でも対応できます。

厚手のジャケット1枚より薄手の服を組み合わせる

それ以外の中間着は定番のチェックのシャツがあります。化繊の薄手のものやウールの厚手のものがあり、気軽に扱え微妙な温度調節にも有効です。

いずれの中間着も、その上からレインウェアやアウターを羽織る事を考えると薄手のものが適しています。

厚すぎる中間着は行動着としても使用しにくくなりますので、薄手の服を組み合わせて防寒をするのがおすすめです。また真夏日でも山は寒くなりますので、必ず防寒着を用意しましょう。

スポンサーリンク

アウターレイヤー(防風・防水、レインウェア、ウインドブレーカー)

アウターはレインウェアで代用する

アウターレイヤーにはレインウェアを代用してしまうのが簡単です。 レインウェアは風にも強く、またレインウェアをアウターとして代用すればもう一枚余計にジャケットを持っていく必要がなくなります。

しかしレインウェアは高価なものが多く、木に引っ掛けたり岩に擦ったりなどのダメージはなるべくなら避けたいもの。またレインウェアを行動着として使用するには少し暑すぎます。

そんな場合には薄手のウインドブレーカーなどを用意するのがおすすめです。高価なものでなければアウターとしてハードに使用することもできますし、着たいときにいつでもさっと取り出して着れるような扱いやすさがあります。

パンツも化繊素材がベスト

パンツの素材も肌着同様、乾きやすい化繊素材を使用したものを選びましょう。伸縮性があれば良いのですが、なくても足があげやすく、岩や木で擦っても簡単には破れないようなある程度丈夫なものが適しています。

スポーツやトレーニング用などの速乾性と伸縮性のあるパンツも動きやすいのでおすすめです。

ハーフパンツは軽快で動きやすのいですが、足の保護を考えるとロングパンツが最適です。

ハーフパンツを履く場合は下にタイツを履くと良いでしょう。
おすすめはナイロンベルト付きのモデルです。登山用のパンツには軽くて扱いやすいベルトがついています。

ベースレイヤー(肌着、アンダーウェア)

(モンベル) mont‐bell ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ Men’s 1107486 インディゴ(IND) L

綿は必ず避け速乾性のものを選ぶ

選ぶ際にまず考える事は素材です。汗冷えをしないよう乾きやすい化繊素材のもの、また春秋の寒い時期にはウール素材のアンダーウェアもおすすめです。

アンダーウェアの素材にはウールや化繊、それとウールと化繊をあわせたハイブリッド素材、防臭効果を持つものなどがあります。ぴたりとフィットするアンダーウェアの場合は素材の肌触りの好みがありますので、店頭で試着してから購入するのが無難です。

ミッドレイヤー(中間着・防寒着)

ダウンジャケット メンズ ライトコート フード付き 超軽量 アウトドア 防風 防寒 保温 ライトダウン 登山 秋冬用

保温力、吸汗拡散性に優れた素材を

中間着にはフリースかインナーダウンが定番です。フリースはアウターにもインナーにも用途が広く、軽く、保温力も吸汗拡散性にも優れている登山の服装に最適な素材です。特に薄手のフリースは様々な季節で行動着兼インナーとしても使用できるのでおすすめです。

厚手のジャケット1枚より薄手の服を組み合わせる

それ以外の中間着は定番のチェックのシャツがあります。化繊の薄手のものやウールの厚手のものがあり、気軽に扱え微妙な温度調節にも有効です。

アウターレイヤー(防風・防水、レインウェア、ウインドブレーカー)

ダイワ(DAIWA) レインマックス レインスーツ DR-36008

アウターはレインウェアで代用する

アウターレイヤーにはレインウェアを代用してしまうのが簡単です。 レインウェアは風にも強く、またレインウェアをアウターとして代用すればもう一枚余計にジャケットを持っていく必要がなくなります。

パンツ

[ザ・ノース・フェイス] バーブライトスリムパンツ Verb Light Slim Pant レディース

 

パンツも化繊素材がベスト

パンツの素材も肌着同様、乾きやすい化繊素材を使用したものを選びましょう。伸縮性があれば良いのですが、なくても足があげやすく、岩や木で擦っても簡単には破れないようなある程度丈夫なものが適しています。 スポーツやトレーニング用などの速乾性と伸縮性のあるパンツも動きやすいのでおすすめです。

トップページへ戻る

スポンサーリンク