マアジの刺し身の切り方

スポンサーリンク

味がよいからその名が付いたといわれるほど、適度に脂が乗ってうまみがあり、万人に好まれるアジ(マアジ)。オーソドックスな「そぎ切り」

① 脂の乗ったアジは皮を引いたあとの銀皮が軟らかい。それを崩さないように皮目を上にしてざっくり平造りやそぎ切りにするとよい。

②平造りは身の厚い魚に用いることが多い切り方だが、極端に身が薄い魚や繊維が硬い魚でなければ、実際はほとんどの魚に使える。切る幅は好みだが、飾り包丁も入れたあとのアジなら広めでよい。

スポンサーリンク

③ アジの刺し身で最も一般的なのはそぎ切り。そぎ切りにする時は刃を寝かせて左から右へ切っていく。切った身は1枚ずつ左上に重ねていくときれいでそのまま盛り付けられる。

 

スポンサーリンク

マアジの3枚おろし

スポンサーリンク

サイズが手頃で数も釣れるマアジは、魚の3枚おろしの基本を覚えるのにもうってつけ。釣りたてを刺し身で味わうための基本の3枚おろしとその後の下処理をご紹介します。

① 最初に包丁を使ってウロコをきれいに引き落とす。

② 次に胸ビレと腹ビレに沿って頭を切り落とす。

③ 頭の切り口から肛門まで腹を割り、内臓を取り出す(写真)。その後、中骨に付着する血ワタを指や歯ブラシできれいに掃除したら、水洗いをして水気をふき取る。

 

 

 

 

 

④ ここからは3枚おろしの手順。まず頭の切り口から背ビレに沿って尾の付け根まで背身を切り開く。

⑤ 続いて同じ要領で尾の付け根から尻ビレに沿って腹身を切り開く。

⑥ 背と腹の両側から切れ目を入れた状態になったら、尾の付け根に包丁を差し入れ、頭の切り口に向かって中骨主骨から剥がすように片身を切り取る。

スポンサーリンク

⑦ 反対側の片身も同じ要領で切り取ると、半身2枚と中骨の3枚おろしの出来上がり。

⑧ アジの皮の引き方は“手むき”が基本。頭の切り口付近で皮の端をつかみ尾の付け根に向かって、反対の指先で身を押さえながら皮を引く。

⑨この際、腹身の下部が千切れやすいので注意する。

⑩ 皮を引いた片身はまず腹骨を包丁ですき取る。

 血合骨を処理する方法は2通り。

① 中小型サイズの場合は、調理用の骨抜きを使って血合骨を1本ずつ身から抜き取る。

⑫ 良型アジの場合は背身と腹身に切り分けてから、写真のように間の血合骨を薄くすき取る。

基本の3枚おろしとその後の下処理は終了です。

スポンサーリンク

投げサビキ釣りタックル紹介

スポンサーリンク

 

投げサビキは、ウキを追加して一定のタナをキープし易くしたサビキ仕掛け。足元で一定の層をキープしやくすなったり、竿が届かない沖を回遊している魚を狙う事ができたりと、メリットがたくさん!おすすめの投げサビキ仕掛けや適した竿を紹介します。

ダイワ(Daiwa) 磯竿4-52遠投 釣り竿


ダイワ(Daiwa) 磯竿 スピニング インターライン リーガル 4-52遠投 釣り竿

 

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3000 

 


ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3000

 

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 4号 ピンク 


ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 4号 ピンク

 

釣研 ウキ LF遠投カゴナイトII 8号


釣研 ウキ LF遠投カゴナイトII 8号 41926

スポンサーリンク

 

ヨーヅリ(YO-ZURI) 雑品・小物: スーパーシモリ玉 S 


ヨーヅリ(YO-ZURI) 雑品・小物: スーパーシモリ玉 S

 

RISEWAY(ライズウェイ) ピンクスキンサビキ 3枚組 4号


RISEWAY(ライズウェイ) ピンクスキンサビキ 3枚組 4号

 

misaki(ミサキ) プラカゴVP L細目 

 


misaki(ミサキ) プラカゴVP L細目

 

com’fort(コン・フォート) ナス型オモリ 8号 


com’fort(コン・フォート) ナス型オモリ 8号 約1kg TO-244

 

スポンサーリンク

投げサビキ釣り

スポンサーリンク

 

アジは足もとまで回遊して釣り人を楽しませてくれるが、足もとで釣れるのは小型であることが多い。警戒心の強い良型は沖の潮目や沈み根周りを回遊していることが多い。そんな沖の魚をねらえるのが投げサビキ仕掛けです。

仕掛けはシンプルであり、足もと直下をねらうサビキ仕掛けのカゴ上部に遊動式のウキを付ければOKです。日中は底付近にいることが多いので、ねらうタナはベタ底からスタート。反応がなければ、徐々にタナを上げていく。タナを変える時はウキ止メをずらすことで対応します。

 

釣ったアジをエサに泳がせで大ものねらい

釣ったアジを泳がせてねらえば、ヒラメ、マゴチ、青ものなど大型の大物が掛かることもある。泳がせ用の完成仕掛けが売られているので、それを使うだけでOKです。とても簡単だ。

スポンサーリンク

背と尾にハリをセットする。アジは弱りやすいので、手をしっかりと濡らしてから短時間で作業すること。

 

ハヤブサ(Hayabusa) ちょいマジ堤防 ぶっこみ胴突飲ませ 移動式2段鈎 HD300 6/5-6-8 


ハヤブサ(Hayabusa) ちょいマジ堤防 ぶっこみ胴突飲ませ 移動式2段鈎 HD300 6/5-6-8

スポンサーリンク

アジのサビキ釣り

スポンサーリンク

アジは食べて美味しい人気の魚。また、海の船釣り(沖釣り)、堤防からのサビキ釣り、ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ルアー(アジング)など、釣り方が非常に多く、いずれの釣りでも小気味よい引きを味わわせてくれる。

なかでもサビキ釣り(およびその応用の投げサビキ釣り)は、港周りや海釣り公園など、多くの身近な釣り場で楽しめて、ビギナーでも釣果を手にしやすい。

豆知識

全国の沿岸に生息。よく釣れる季節は3~12月で、夏場が最盛期になる。背中は暗い緑色で側面は金色、腹側は銀白色。

生活する場所によって色や体型が少し異なり、沿岸の岩礁に居着くタイプは体色が黄みがかっていて、比較的体高がある。

一方、回遊型といわれるやや沖合に生息するタイプは、全体的に黒っぽく、体型も居着き型と比べて細長い。尾ビレの前には「ぜんご/ぜいご」と呼ばれるトゲのようなウロコが並んでいる。

主なエサは動物プランクトンや甲殻類、多毛類など。堤防で釣れるのは18cm前後が多いが、釣り場によっては尺(30cm)オーバーも掛かる。

口は蛇腹状になっており、一気に吸い込むようにエサを捕食する。この蛇腹状になった口は柔らかく、切れやすい。そのため、良型が掛かった時は無理せずにタモですくおう。

サビキ釣りの道具

多彩な釣法でねらえるアジだが、堤防から簡単に楽しめるのがサビキ釣りだ。サビキ釣りは足もとをねらうものと、仕掛けをキャストして沖めをねらう投げサビキがある。どちらもカゴにアミエビを入れて、エサを撒き、アミエビを食べに集まってきたアジに魚皮などが付いたハリを食わせて釣りあげるというもの。

救命胴衣

万が一落水してしまった時も、安全を確保する救命胴衣は必需品。自動膨張式にはウエスト型と肩掛け型がある。

スニーカー&帽子

足もとは滑りにくい防水タイプのスニーカーが快適で、日除けの帽子もかぶっておく。駐車場から釣り座まで遠いこともあるので、荷物はなるべくコンパクトにしておく。

サオ&リール

タックルは「足もとねらい用」と「投げサビキ用」に分かれる。

足もとねらい用は、長さが3~3.6mで硬さは2号くらいの小継ぎ磯ザオに、リールはナイロン3号を巻いた2500~3000番の小型スピニングリールを組み合わせる。

投げサビキ用は、足もとねらい用よりも強めのタックルが必要。サオは遠投磯ザオの3~4号で長さは4.5~5.3mに、ナイロン4号を巻いた3000~4000番のリールを組み合わせる。

※タックル…ロッド、リール、ライン、ウキ、ハリなど釣りをするのに必要な道具類の総称。

タモ

アジは口切れしやすい魚なので、良型が掛かった時はタモを使ったほうが確実。また、青ものなど想定外の大ものがヒットすることもあるので、タモは大きめのものを用意しておきたい。柄の長さが4m以上のものがあると安心だ。

スポンサーリンク

仕掛け

仕掛けはミチイトに結ぶだけのオールインワンタイプが便利でおすすめ。そのほか、擬餌バリ部分だけのものも売っている。いずれにしても、サビキ仕掛けは釣れるアジのサイズによって3サイズ用意したい。10cmくらいの豆アジ主体なら4号、15~20cmの中型が釣れるなら6号、それ以上なら8号を選ぼう。

泳がせ用の仕掛けも併用

釣ったアジをエサにする泳がせ釣りでは、ヒラメ、イナダなどの青もの、根魚などの大型魚が掛かる可能性がある。こうした泳がせ用の仕掛けも忍ばせておくとアジ釣りと一緒に楽しめる。

ウキ

投げサビキで使用するウキは、使用する遠投磯ザオに合わせる。3号クラスだと、6~8号が使いやすい。

カゴ

右から、オモリが一体になった下カゴ式、袋式、プラタイプのカゴ。下カゴ式は何より扱いが楽で、トラブルが少ない。子どもやビギナーにサオを持たせる時におすすめ。

中央の袋式は昔から使われていて、安価なのがよい。左のプラカゴは寄せエサの放出量を調整できるメリットがある。

オモリ

釣り場の深さにより3~10号程度を使い分ける。また、投げサビキ釣りの場合は、ウキの号数と同じ号数のオモリを用意する。

ウキ周りの小道具(スナップ、シモリ玉、ウキストッパー、ウキ止メイト)

スナップはウキの接続に使う。シモリ玉はウキ止メイトでしっかりウキが止まるようにウキ止メとウキの間に介す小道具。ウキストッパーはウキがカゴに干渉しないようにするためのものだ。

寄せエサ1(常温保存可能タイプ)

常温保存できるアミエビは解凍する必要がないため、釣り場に到着したらすぐに使えるメリットがある。ブロックタイプのアミエビが溶けるまでのつなぎで使用したり、短時間釣行におすすめ。絞り出すように使用するチューブタイプは手が汚れにくい。

寄せエサ2(ブロックタイプ=冷凍タイプ)

釣果や魚の活性によって用意すべきアミエビの量は変わってくる。参考までに写真の8分の1ブロックサイズだと、半日強が目安。常温保存できるエサも用意して、量を調整するのが経済的だろう。

寄せエサ3(配合タイプ=粉末タイプ)

ブロックタイプのアミエビは解凍すると水が出てしまう。このままだとカゴに入れにくいのと、キャスト時にアミエビが飛び散ってしまい、周りの迷惑にもなる。配合エサを入れることで、水気の調整ができる。配合エサは集魚効果を高める効果があるですが、こういった役割もある。

バケツ

アミエビを入れておくバケツ(左)と水汲み用バケツを用意する。水汲み用バケツはメッシュのフタ付きだと釣ったアジをこの中に入れて、活かしておける。

寄せエサ用の小道具

左は寄せエサをカゴに入れる時に使用する専用の道具。右は寄せエサをかき混ぜる時に使用するスプーン。

ブラシ

寄せエサを入れたバケツや堤防の清掃に使う。寄せエサは乾燥するとこびりついてなかなか取れないので、ブラシがあると掃除が楽です。

サオ置き

寄せエサをカゴに詰める時などサオを休める時の必須アイテム。クーラーに腰掛けて釣る場合、クーラーにセットできるサオ掛けだと手返しよくねらえる。また、堤防では三脚型のサオ置きもあると、複数サオを出したい時には特に便利です。

スポンサーリンク

胴突き仕掛けの紹介

スポンサーリンク

胴突き仕掛け

 

2~3m前後の万能竿、又はルアーロッドでOK。岸沿いやヘチを狙ったりするので、あまり長い竿は使いにくいです。
仕掛けは、市販の3本針の1m~程度の物を使います。仕掛けの下にナス型オモリを付けるだけのシンプルな仕掛けです。

 

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S80L 


シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S80L

 

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3000 


ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3000

 

ハヤブサ(HAYABUSA) カワハギ・ベラ 五目胴突 2本鈎2セット


ハヤブサ(HAYABUSA) カワハギ・ベラ 五目胴突 2本鈎2セット HD191 鈎1号-ハリス1.5号

スポンサーリンク

 

がまかつ(Gamakatsu) 船釣キス胴突1本

 


がまかつ(Gamakatsu) 船釣キス胴突1本 早掛SP FB124 #8-1.

 

ささめ針(SASAME) D-309 波止際族のさぐり胴突(極太ハリス)5号

 


ささめ針(SASAME) D-309 波止際族のさぐり胴突(極太ハリス)5号 D-309

 

OWNER(オーナー) 胴突メバル 3本鈎3組


OWNER(オーナー) 胴突メバル 3本鈎3組 8-1-1.5

 

ハヤブサ(Hayabusa) 船極根魚五目 根魚五目胴突3本鈎2セット

 


ハヤブサ(Hayabusa) 船極根魚五目 根魚五目胴突3本鈎2セット 11-2-4 SD767

スポンサーリンク

糸と糸、ハリと糸、金具と糸などの結び方

スポンサーリンク

ハリを結ぶ

外掛け結び

一番簡単なのかどこででも紹介されてます。釣り針を買っても袋の裏に書いてあります。外掛け結び-1 外掛け結び-2外掛け結び-3 外掛け結び-4外掛け結び-5

内掛け結び

外掛け結びより少し難しくなるが、確実性があがるようです。内掛け結び-1 内掛け結び-2内掛け結び-3 内掛け結び-4内掛け結び-5

スネルノット

締め付け時に糸ヨレが出来ないのが特徴です。スネルノット-1 スネルノット-2スネルノット-3 スネルノット-4スネルノット-5 スネルノット-6

糸ヨレは出来ないが、余り糸が多くなる。


サルカンを結ぶ

クリンチ・ノット

サルカン結びの基本。とても簡単です。サルカン結び-1 サルカン結び-2サルカン結び-3 サルカン結び-4サルカン結び-5

④番は、省略してもOK!

①番目、Bを2周通せばダブル・クリンチ・ノット


パロマー・ノット

このノットは超優秀らしい。パロマー・ノット-1 パロマー・ノット-2パロマー・ノット-3 パロマー・ノット-4

ワッカを作る

チチワ結び

いろいろと便利なワッカです。チチワ結び-1 チチワ結び-2チチワ結び-3 チチワ結び-4

③番 AのワッカにCを下から通す。

スポンサーリンク

ラインとラインを結ぶ

ダブル・ユニ・ノット

別名電車結び。基本中の基本です。電車結び-1 電車結び-2電車結び-3 電車結び-4電車結び-5 電車結び-6

チチワ結束

チチワ結び2本でラインを結ぶ。チチワ結束-1 チチワ結束-2チチワ結束-3 チチワ結束-4チチワ結束-5 チチワ結束-6チチワ結束-7■ポイント
3番目 AのワッカにCを下から通す。

ウキ止め糸を結ぶ

電車結びの片方だけと同じです。巻き数と締め付け力で滑り具合が変わります。ダブルで付けるとズレにくくなります。締める時にツバを付けるか何かで濡らして締めると、よく締まります。ウキ止め糸1 ウキ止め糸2ウキ止め糸3 

堤防釣り 釣魚と仕掛けのすべてがわかる本

 


堤防釣り 釣魚と仕掛けのすべてがわかる本 (012OUTDOOR)

 


基礎から始める 堤防釣り入門

 


基礎から始める 堤防釣り入門 (つり情報BOOKS)

 

釣りの結び完璧BOOK 


釣りの結び完璧BOOK

スポンサーリンク

食してはいけない魚

スポンサーリンク

毒を持った魚

フグ類【触っても大丈夫ですが、食べると危険な魚】

フグ類の魚はほとんどが毒をもっています。主に卵巣、肝臓など。
絶対に自分で調理して食べないよう注意。南紀地方でよく釣れるフグは クサフグ・ヒガンフグ・キタマクラなど。

スポンサーリンク

 

ソウシハギ

近年、南紀地方でもみかける魚でフグの70倍の毒があり、食べると超危険です。
模様が出ている(写真上)のは、すぐに分かりますが、模様が薄いソウシハギ(写真下)は、ウマズラハギやウスバハギと間違える事もあるので要注意。
触っても刺されないので大丈夫ですが食べたらアウト!

 

アオブダイ

内臓に毒があり、食べると中毒死する場合があります。食べている地域もあるようですが、食べない方が無難です。

 

 

スポンサーリンク

知っておきたい豆知識

スポンサーリンク

海には危ない生き物もいますので、釣り上げた時にうかつに触って大変なことにならないようにご注意しましょう。
刺毒魚とは、ヒレの棘などにある毒線から毒液を出します。知らずに触り、刺されてしまったり、傷口から毒が入ると激痛がはしりしばらく痛みがひきません。
もし刺されてしまったらすぐに病院で治療を。どの魚が危険なのか知っておきましょう。

おすすめアプリ

ゴンズイ【触ると危険】

一番よく釣れるのがこの「ゴンズイ」で日中のサビキ釣りやガシラ釣り、夜釣りなどにも釣れる事があります。背ビレと胸ビレあたりに毒針があります。刺されたことがありますが、かなり痛いです。釣れやすい魚なので注意してくだい。ゴンズイは死んでいてもトゲに毒あります。

アイゴ(バリコ)【触ると危険】

背ビレ、胸ビレ、腹ビレのトゲに注意です。刺されると半日は疼きます。
干物にすると美味しいのですが、釣っても素手で触らないようにしてください。死んだ状態でもトゲに触れないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

ミノカサゴ・ハナミノカサゴ【触ると危険】

堤防の際などでよく見かけます。ミノカサゴ・ハナミノカサゴの見かけはキレイですが、ヒレは毒針だらけです。トゲが長いので手をもっていかないように注意。ちなみに味は美味しいようです。

ハオコゼ【触ると危険】

ガシラにそっくりなハオコゼ。背ビレに毒有りです。刺されたことがありますが、2日疼きました。ガシラと間違って触らないように注意。

ウミケムシ【触ると危険】

この毛が全部毒針です。見た目が気持ち悪い為、触ろうとは思いませんが決して触らないでください。たまに投げ釣り仕掛けにかかります。クネクネと泳ぐ事もできますので、海水浴の時も見かけたら触らないよう注意。

アカエイ【触ると危険】

毒魚のエース、アカエイです。尻尾に毒針がありますが、太くて鋭いです。海水浴などで見かけたら離れてください。刺されたら即、救急車です。ヤバイです。

スポンサーリンク

ウキ釣り仕掛け道具の紹介

スポンサーリンク

 

釣りと聞いて誰しもが初めに思い浮かべるスタイル、防波堤に腰を下ろして釣り糸を垂れる。釣りのスタイルの中では最も手軽なので、一度は経験されている方も多いのではないでしょうか。防波堤や河口域はもちろん、沖磯や離島でも楽しめます。

ウキ釣りの仕掛けには大きく2種類「固定仕掛け」と「遊動仕掛け」があります。

固定ウキ仕掛け

 

釣研 ウキ釣り超入門セット 棒ウキ 


釣研 ウキ釣り超入門セット 棒ウキ

 

Marufuji(マルフジ) K-051 雑魚釣リセット 2.7m 

 


Marufuji(マルフジ) K-051 雑魚釣リセット 2.7m

スポンサーリンク

 

遊動ウキ仕掛け

 

ハヤブサ(Hayabusa) コンパクトロッド 簡単ウキ釣りセット(堤防用)
ハヤブサ(Hayabusa) コンパクトロッド 簡単ウキ釣りセット(堤防用) L HA176

 

釣りでは魚のいる水深を「タナ」と呼びます。水深によって魚の生態や動きは異なります。どんな魚を釣りたいかによってどの水深を狙うのかが変わってくるので、タナを把握することはとても重要になってきます。

例えばサバ,アジ,メジナなどの青魚は水深3〜4.5メートルを、マダイなら水深15メートル以上あるポイントの海底狙うとよく食べてくれると言われています。ただ、さっきまでよく釣れていた、昨日はよく釣れたと言っても、魚の活動は刻々と変化するものなので、状況によって狙う水深を微調整して対応する必要があります。

スポンサーリンク