知っておきたい豆知識

スポンサーリンク

海には危ない生き物もいますので、釣り上げた時にうかつに触って大変なことにならないようにご注意しましょう。
刺毒魚とは、ヒレの棘などにある毒線から毒液を出します。知らずに触り、刺されてしまったり、傷口から毒が入ると激痛がはしりしばらく痛みがひきません。
もし刺されてしまったらすぐに病院で治療を。どの魚が危険なのか知っておきましょう。

おすすめアプリ

ゴンズイ【触ると危険】

一番よく釣れるのがこの「ゴンズイ」で日中のサビキ釣りやガシラ釣り、夜釣りなどにも釣れる事があります。背ビレと胸ビレあたりに毒針があります。刺されたことがありますが、かなり痛いです。釣れやすい魚なので注意してくだい。ゴンズイは死んでいてもトゲに毒あります。

アイゴ(バリコ)【触ると危険】

背ビレ、胸ビレ、腹ビレのトゲに注意です。刺されると半日は疼きます。
干物にすると美味しいのですが、釣っても素手で触らないようにしてください。死んだ状態でもトゲに触れないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

ミノカサゴ・ハナミノカサゴ【触ると危険】

堤防の際などでよく見かけます。ミノカサゴ・ハナミノカサゴの見かけはキレイですが、ヒレは毒針だらけです。トゲが長いので手をもっていかないように注意。ちなみに味は美味しいようです。

ハオコゼ【触ると危険】

ガシラにそっくりなハオコゼ。背ビレに毒有りです。刺されたことがありますが、2日疼きました。ガシラと間違って触らないように注意。

ウミケムシ【触ると危険】

この毛が全部毒針です。見た目が気持ち悪い為、触ろうとは思いませんが決して触らないでください。たまに投げ釣り仕掛けにかかります。クネクネと泳ぐ事もできますので、海水浴の時も見かけたら触らないよう注意。

アカエイ【触ると危険】

毒魚のエース、アカエイです。尻尾に毒針がありますが、太くて鋭いです。海水浴などで見かけたら離れてください。刺されたら即、救急車です。ヤバイです。

スポンサーリンク