料理道具「ストーブ・燃料・クッカー」

スポンサーリンク

登山でお湯を沸かし、レトルト食品やフリーズドライ、ラーメンなどを作って食べたい時に必要なる道具は「ストーブ、燃料、クッカー」の3つだけです。

お米もこの3点と水があれば炊くことができますし、料理も作れます。登山での料理経験がない人はこれだけでも重そうだと感じるかも知れませんが、軽い道具を揃えれば3つあわせても500g程度で済みます。

たった500グラムの増量で山の上でアツアツのご飯を食べれるのは魅力的ですし、野外で作るご飯はイベントとしても楽しいです。是非、登山になれてきたら挑戦してみてください。

このページでは、その料理3点セット「ストーブ、燃料、クッカー」の、それぞれの種類やメリット・デメリット。

ガスストーブ(ガスバーナー)と燃料

登山でお湯を沸かしたり料理をしたり、火を扱う時に必要になるのがストーブです(バーナーとも言うこともあります)。

自宅やキャンプで使うコンロと同じ様なものですが、登山専用の物は軽く小さく携帯に便利で、また気温が低い場所でも火力が落ちにくいと言った特徴があります。

登山で定番のストーブは、燃料にガスを使用する「ガスストーブ(ガスバーナー)」と言われるものですが、それ以外にガソリンやアルコールを燃料とするストーブもあります。

扱いも簡単、まず最初に買うべきストーブ

一般的なガスストーブです。その上のマグカップの様な物はクッカー(アウトドア用の鍋の様なもの)と言います。緑色のものは交換式のガスカートリッジです。登山ではこの様な形でお湯を沸かしたり料理をしたりします。

ガスストーブの使用方法はとても簡単で、ガスカートリッジにストーブを装着したらオレンジ色のツマミを回し自動点火ボタンを押すだけです。

手軽さがガスストーブの魅力です。温かいお茶が飲みたいと思ったらすぐに湯を沸かし始めることができます。まず最初に買うべきストーブと言ってよいでしょう。価格が安い物も多く選択肢がたくさんあります。

ガスストーブは地面からの高さがあるので安定性は少し悪いのですが、気をつければ問題はありませんし、ストーブとカートリッジが分離したモデルも販売されています。

コンパクトになり収納にも便利

写真の様に、コンパクトなガスストーブならクッカー、ストーブ、ガスカートリッジの3点セットをまとめて持ち運ぶことができます。料理に必要な道具がまとまって便利ですし、ザックへのパッキングも楽になります。

カセットボンベが使えるストーブ

 

多くのストーブがOD缶を使用しなければなりませんが、中にはカセットボンベ(CB缶)を使用できるモデルもあります。

普通、カセットボンベは外気温が低いと火力が低下するという弱点がありますが、こちらのストーブの様に外気温の影響をほとんど受けずに使用できるものもあります。

OD缶と違ってカセットボンベはコンビニでも買えます。ソトのレギュレーターストーブはやや重量がありますが、自宅でも気軽に使えること、またカセットボンベは災害時にも入手しやすいこと、などのメリットがたくさんあります。

ストーブ、カートリッジ分離型

スポンサーリンク

多くのストーブはガスカートリッジに直接ストーブを取り付けるタイプですが、中には分離されているモデルもあります。この分離型ストーブの長所は安定性があることです。

地面への距離も近く、またゴトクが大きなモデルがほとんどなので多人数での登山料理も安定して作ることができます。

ガソリンストーブ、アルコール、ソロストーブ

ガソリンストーブ

燃料に主にガソリンを使用するのがガソリンストーブです。少数派にはなりますが、ガスストーブの次に利用者が多いと思われます。

ガソリンストーブの使用方法

サッと使えるガスストーブ違いガソリンストーブは使うのにやや手間がかかります。上の写真の赤いボトルにガソリンを入れるのですが、そのガソリンをストーブに送るためにポンピングという作業、またプレヒート(余熱を与えること)という作業を毎回やる必要があります。

確かにガスストーブに比べると手間であることには違いありませんが、むしろこれらの作業を楽しむ人の方が多いかもしれません。その分事故にも繋がりやすいので、使用する時には注意が必要になりますし、定期的なメンテナンス(自分で出来る)も大切になります。

ガソリンストーブの燃料と入手方法

ガソリンストーブと言う名前ですが、例えば上で紹介しているMSRのドラゴンフライはガソリン以外に、ホワイトガソリン、灯油、ディーゼル(経由)なども燃料に使用することができます。

それらの燃料ですが、ガソリン、灯油はガソリンスタンドにボトルを持っていけば購入することができます(軽油は買ったことがありません)。ホワイトガソリンはホームセンターのキャンプコーナー等で買うこともできます。

アルコールストーブ

ガソリンストーブよりさらにシンプルでワイルドなのがアルコールストーブです。使い方もとっても簡単で、ストーブにアルコールを注いで火を着けるだけです。

ストーブ自体の仕組みもシンプルなので自作のアルコールストーブを作る人もたくさんいます。燃料である「燃料用アルコール」は薬局で売られているので入手は簡単です。

クッカーの素材と形状、容量について

クッカーとはアウトドア用の、鍋と食器がセットになった様な調理器具のことで「コッヘル」言うこともあります。クッカーの用途はお湯を沸かす、煮る、炒める、ご飯を炊くなどの調理以外に、フタの部分はとり皿などのウツワ代わりにもなります。

 

トップページへ戻る

スポンサーリンク