山飯…手抜きカレー

山で作るカレーは炒めたり煮込んだりが外界のように充分に出来ないせいか、時間をかける割にはおいしく出来ないのが常だと思います。重い野菜や調味料・切ったり炒めたりする手間なんかを全部やめて好きなモノをトッピングするだけのカレーです。

手抜きカレーの食材

カレールー

ハウス ザ・ホテル・カレー濃厚仕立て 160g×3個 

味付けはルーのみなのでちょっと高級目のものを選びました。箱に書いてある「○皿分」は多く書いてある。

ウィンナー

ニッポンハム SCHAU ESSEN シュウエッセン ポークソーセージ(ウィンナー)980g 

簡単に温まる物、切らなくてもいいものを選びました。魚肉ソーセージや豚肉のソーセージでもいい。

フライドオニオン

(全国送料無料‐3袋セット)(A) 淡路島産玉ねぎ100% フライドオニオン×3袋セット ≪代引不可≫≪他の商品と混載不可≫ 

玉ねぎを油で揚げたもので、今回は玉ねぎがない分の甘みとサクサクとした食感をプラスしてくれます。

ベビーチーズ

QBBベビーチーズ4個入り 60gX10袋 

チーズは、カロリーも栄養も登山の食事にとても有効です。

調味料や準備の手間がないという点でなかなか便利な登山料理です。4人分のメイン・ディッシュとしても画期的な軽さです。真夏以外ならウィンナーやチーズのもちをあまり気にしないで良いと思います。

手抜きカレーの作り方

1. チーズを切る

2. クッカーにルウと水とフライドオニオン2/3を入れて火にかける

水はルーの箱に書いてある分量の3/4程度にします。規定どおりに入れてしまうと水っぽくなることが多いです。フライドオニオンはトッピング用に少し残しておきます。かき混ぜながら弱火にかけ、とろみがついてきたら味と濃さを水で調節し完成させます。

3. ウィンナーを温める

ウィンナーを軽く温めます。ルーと一緒に入れても構いませんがちょっと焦がしたほうがおいしいです。

4. トッピングをして出来上がり

トップページに戻る

山飯…フリーズドライカレー&ジャーマンポテト

山で作るカレーって、かつぐ食材の重さや手間の割には満足が少ない。フリーズドライ(FD)カレーはどうでしょう。自分では作るのが難しようなスパイシーな味もあるし、いろんな味が楽しめます。ジャーマンポテトでボリュームを出してセットにすればカレーを作るのと材料も手間もさほど変わらない上で、満足度はだいぶ上げられます。

フリーズドライカレー&ジャーマンポテトの食材

フリーズドライカレー

アマノフーズ フリーズドライ 畑のカレー 野菜と 鶏肉の カレー ( お湯を入れるだけの 簡単 ・ 便利 ・ 美味しい カレー ) 

登山の晩ご飯では一食800kcalは欲しいところ(白米はお茶碗1杯140で235kcald)ですね。 ”カレー” と言えばそれだけでメインディッシュのイメージで、登山の食事では1品料理になることがほとんどだと思います。しかしフリーズドライカレーを持ってこようとする時はサブとして捉え(むしろスープ的な存在)、もう一品で調整するのが大事と思います。

ジャーマンポテトのスパイス

ハウス スパイスクッキングバルメニュー ジャーマンポテト 12g×10個 

  • じゃがいも 大1個
  • たまねぎ 1/2個
  • ベーコン 1パック(40g)

チューブでバター

meiji 明治チューブでバター1/3 160g×3本set 要冷蔵 

登山の後半にこのメニューを持ってきてベーコンすら日持ちしなそうな場合は、ベーコンを魚肉ソーセージやサラミやツナなどに変更すれば何日目でも食べられる献立になります

フリーズドライカレー&ジャーマンポテトの作り方

1. 具を切る

じゃがいもを拍子切り、玉ねぎを薄切り、ベーコンを適当な大きさに切ります。

2. バターで炒める

じゃがいもをバターで炒めます。もしコッヘルセットに炒めるのにちょうどいいフライパンがない場合は、具は全部茹でても大丈夫です。

3. 玉ねぎとベーコンも炒める

玉ねぎとベーコンも加えて炒めます。炒めるのにジャマだったらじゃがいもを少し別の容器にどけると良いですよ。

4. スパイスを和える

適度に火が通ったら、スパイスをかけて混ぜたら完成です。じゃがいも以外は本来生でも食べられるものなので火の入り具合をさほど気にすること無く好きな歯ごたえ具合に炒めれば良いでしょう。

5. フリーズドライカレーにお湯を注ぐ

フリーズドライカレーを器にセットします。開けてみると他のフリーズドライと同様、こんなふうにカラッカラの四角い茶色いカタマリです。お湯を注いで、10秒間かき混ぜてください。150mlってけっこう少ないので多すぎないように。

できあがり

じゃがいもや玉ねぎはカレーの具になり得るものですが、一つの料理に入れてしまうよりもこのように別の料理としてあったほうが品数が多くて、味もハーブが効いてとてもおいしいです。

フリーズドライカレー味ですが、”香るチキンカレー”というタイトルだけあって、とてもスパイシーなインドカレー風で、おいしいです。

フリーズドライでもあるというのは嬉しい事です。疲れていてもめちゃくちゃ食が進むと思います。ルーはスープっぽいので、ご飯にかけてしまうよりもつけて食べたほうが良さそう。

トップページに戻る

山飯…麻婆春雨定食

定番登山メニューと言ったら麻婆春雨ではないでしょうか。数日間山を歩く場合やベースを張って何日も岩を登るような人はだいたい食べているメニューです。安くて軽くてあっという間に作れる上に味が濃いのでごはんがすすみます。効率の面から言って、これをしのぐ登山メニューは無いと思います。

麻婆春雨定食の食材

麻婆春雨

永谷園 麻婆春雨 辛口 3人前×5個 

3人前(メインディッシュにするなら2人前だと思います)。あとは油も要らず、水450mlだけあれば5分で作れます。軽いし長持ちするのでとにかく便利です。自分で味付けをしないので失敗が無いのも良い所です。

フリーズドライスープ

アスザックフーズ スープ生活 根野菜のけんちん汁 35.2g(8.8g×4食)×10袋 

麻婆春雨の晩ご飯を楽しむためには付け合せが大事な気がします。スーパーで売っていたけんちん汁を合わせた。

麻婆春雨の作り方

1. コッヘルに水と春雨をいれて火にかける

コッヘルに水450mlと春雨を入れて火(強火)にかけ、ほぐしながら沸騰させます。

2. ソースを入れて煮込む

沸騰したら中火にし、ソースを入れて3分間混ぜながら煮込みます。

できあがり

トップページに戻る

山飯…バジリコパスタ

比較的山でもうまく作れて、軽くて用意も簡単なバジリコパスタ。シーチキンのアクセントが効いて食べやすいです。カロリーもたくさん補えるのがうれしいです。シーチキンと交互に食べれば、食感もちがうので一品でも結構満足できます。

バジリコパスタの食材

サラスパ

はごろも サラスパ 200g×5個 (5520) 

登山の定番。長さが短いのでコッヘルに入りやすいのと、かつパッキングしやすく、さらにジッパーの袋に入っているので登山には便利。さらに細いので茹で時間も4分と短く、200g入りなので二人分にちょうど良い。一人なら二回分にピッタリただやっぱり細いので麺の食べごたえ的には普通のパスタと全然違うなぁという印象があります。

シーチキン 「液切りしないで使えるツナフレーク」

はごろも シーチキンLフレーク液切不要(タイ産) 500g (8234)

これは登山の料理にはちょうどいいサイズで、かなりオススメです。油漬けの普通のシーチキンなんですが、たっぷりの油ではないので捨てる必要が無いことと、何よりも缶のゴミが出ないのが良いです。

粉末バジリコ

キユーピー あえるパスタソース ペペロンチーノ (25g×2P)×6個 

粉末パスタソースは各種発売されています。

オリーブオイル

大さじ2杯(30ml)。小さい入れ物に入れて持っていきます。

作り方

パスタの硬さにうるさくて確実においしいパスタを食べたい人で、かつ水場環境と燃料と時間が許す方は以下のように茹でるとベストです。

1. 茹でる

一食ずつ茹でます。1Lの水を沸騰させ、1人前(100g)のパスタをいれて、常にゴボゴボと沸騰させながら4分間茹でます。 お湯がテント内にこぼれないように注意して下さい。

2. オリーブオイルと粉末バジリコを和える

お湯を捨てて、オリーブオイル(一人15ml)を全体に和えたあと、粉末バジリコを混ぜます。1食づつ茹でた場合、バジリコの配分に注意して下さい。

3. 盛りつけてシーチキンを乗せたら、できあがり

冷めたり伸びたりするとまずくなるので出来た人から順次食べます。

トップページに戻る

山飯…「ペミカン」きのこシチュー

ペミカンとは炒めたお肉や野菜を油で密封して固めるという山の保存食で、主に冬山に持っていったりします。調理の手間と燃料の節約、食材の保存の意味があります。冬なら1週間位山の中で持ち歩いたりします。ペミカンを知っている人の印象は 「油ギトギトでマズイのをガマンして食べる」 という人もいるようです。

ペミカンに使用する食材

1.バター 100g(半箱)

ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍 

ペミカンのレシピによってはものすごくバターの量に差があります。少なく使えるかが味の決めて。ただ、食材がちゃんとバターにくるまっていないと保存がうまくいきません。

2. しめじ 1パック

バターを使ったペミカンの場合、具との相性が大切です。しめじはバターともシチューとも相性バッチリです。

かなり炒めても歯ごたえが残る。きのこはつぶれると傷みやすいためなかなか山には持っていけない食材なので、喜ばれます。

3. 玉ねぎ 小1個

バターとシチューとの相性で、これもバッチリです。

4. 鶏肉 150g位

相性はこれもバッチリです。バターが脂っこいので今回はササミにしました。(上の写真ではササミは4本写っていますが3本使用しました)

ペミカンの作り方

1. 材料を切る

1cm角くらいのサイズに切ります。これは、火が通りやすく水分を出しやすくする狙いと、バターでくるむ時に角ばっていないほうが良いからです。

2. 弱火でじっくり炒める

バターを100g(1箱の半分)を使います。そのうちの1/5くらいをフライパンに入れ、野菜を弱火でじっくり焦げないように炒めます。水分を飛ばすようにじっくり炒めます。次に鶏肉も加え、炒めます。全部で20分くらいです。

3. バターを追加し、溶かす

残りのバターを追加し、フライパンの底に押しつけて溶かし、材料と和えます。この時に具とバターの分量を見ます。袋に入れた時に材料の隙間を埋められるくらいのバターがあればOKです。足りなければ追加して溶かします。

これは普段の料理と比べると多すぎる量のバターですが、登山の料理、特に冬山ではエネルギー源として大活躍です。かといって油っこくて食べれないというほどでもなく、普通においしいクリームシチューが出来ます。

4. 袋を用意する

小さなビニール袋を二重にしてこの中に材料を入れていきます。フライパンから移しやすように細長い入れ物にかぶせておくなど、セットしておきます。

5. ビニールに入れ、空気を抜いてしばる

ここが最も重要なポイントです。やけどしない程度に冷ましたら、熱いうちにしばります。

袋の形を整え、空気が入らないように固結びでしばります。

熱すぎたのか、量が多かったからか破けたことがある、注意して扱ってください。

トップページに戻る

山飯…高野豆腐の煮物

登山も後半になるとインスタントやフリーズドライばかりになりがちです。そんな時に生野菜が入った煮物が出てきたらうれしいです。時間のある時の夕食向けのメニューです。

高野豆腐の煮物に使用する食材

1. 高野豆腐

登喜和冷凍食品 鶴羽二重高野豆腐5枚ポリ 横型 77.5g×5袋 

正式名称は凍り豆腐。豆腐を凍結させて乾燥させたものです。カルシウムと鉄分が豊富で常温保存可能で軽く、水分を吸うと食べごたえがあり、かつ安くどこでも手に入るという登山にも大変便利な食材です。

2. 干ししいたけ

高千穂郷産しいたけ徳用大中葉70g 【椎茸料理レシピ付】 

干ししいたけもおいしいだしが出てボリュームも出してくれます。登山の料理では何かと使え、便利です。適量を持って行ってください。

3. 乾燥昆布

北海道産徳用日高昆布 内容量100g 

昆布も軽いうえに良い味が出て便利な食材です。買うなら、煮て食べる用の「早煮昆布」というものがあります。だし昆布より若く柔らかい時にとったものです。これも適当に食べたい分だけ、持って行きましょう。

4. にんじん

傷みにも強く皮を食べてもさほど気にならない、大変便利です。小さめのものが1本あれば十分です。にんじんは洗って持って行き、山ではすぐに切れるようにしておきます。

5. うどんスープ

ヤマキ 割烹白だし仕立てうどんだし (8g×6)×10個 

“粉末である” という点です。しかも一袋8gと小分けになっており、ひとつで250mlのスープが出来ます。

煮物の作り方手順

1. 昆布と干ししいたけを水につける

時間がたっぷりあれば、先に鍋に干ししいたけと昆布、そして指定の分量の水を入れて15分くらいつけておきます。

2. にんじんを乱切りにする

にんじんを切ります。ゆっくり夕食を作れるときに合ったメニューです。薄切りせずに歯ごたえを残した乱切りにします。山では燃料節約のために薄切りが多いです。せっかくの生野菜を薄切りにすると存在感がなくなってしまいます。

3. にんじんが柔らかくなるまで煮る

フタをして、にんじんが柔らかくなるまで煮ます。

4. 添付の味だしを溶かし高野豆腐を入れる

5. 水を追加。濃い目が好きならうどんスープで調節

干ししいたけと昆布、高野豆腐が水を吸うので水を追加します。濃い目が好きなの方は“うどんスープ”で調節してください。

6. 15分間煮て完成

15分間煮て、高野豆腐に味が染み込んだら出来上がりです。煮物は冷めていくうちに味が染み込みますし温め直さなくても良いです。

山飯…棒ラーメン

荷物のカサを減らしたい登山者に好まれています。たくさんの味が発売されています。ただ、注意しないと山では ”ドロドロになりやすい”という難点があります。水は十分に、そして常に高温で調理する必要があります。

マルタイの棒ラーメン

標高が高めのところでは避けたほうが無難です。

マルタイラーメン 164g×10袋 

あおさ

あおさや乾燥わかめなら、残っても家で味噌汁やうどんに使えるし、長持ちするのが良い点です。面倒ですが小袋に入れていきます。

伊勢乾物のあおさ 12g×2袋 

乾燥ネギ

乾燥九条ねぎ 6g×6袋 

棒ラーメンの作り方のポイント

① アルミ鍋の場合、左手に軍手をはめます。ヤケド防止以外に、鍋敷きになったりとっさの雑巾になったりと活躍します。軍手は片方で十分です。

② 棒ラーメンをうまく作るコツは常に高温を保つことです。

③ 3分経ったらスープとすべての材料を一気に入れてできあがり。これは1人分です。マルタイ棒ラーメンの麺は、ノンフライ・ストレートです。

トップページに戻る

軽くて日持ち良い晩飯

荷物をふやざず、手間もかからず、食材もスーパーで手に入れやすいものを使って、すぐに簡単に作れる。そんなレシピを紹介します。

トッピング棒ラーメン

定番の「マルタイの棒ラーメン」。かさ張らないので予備食としても人気で す。乾燥系トッピングでちょっとでもおいしい。

高野豆腐のボリューム煮物

日持ちして、軽い材料でできる高野豆腐の煮物。椎茸を戻すので時間の ある日の夕食向け。出汁の味が疲れた 体に優しく、栄養も満点。

ペミカンきのこシチュー

炒めた肉や野菜を油で密封して固めるのが、山の保存食ペミカンです。冬なら1週間位山の中で持ち歩き可能です。 間違いないチキン&キノコ。

バジリコパスタ

比較的山でもうまく作れて、軽くて用意も簡単なバジリコパスタ。シ ーチキンのアクセントが効いて食べやす。

麻婆春雨定食

定番登山メニュー。 調味料要らずで軽いので予備食にも スープを合わせれば立派な晩飯。

カレー&ジャーマンポテト

カレー作りが面倒ならフリーズドライカレーはどうでしょう。自分で作るよりもスパイシーな味が楽しめます。

手抜きカレー

山で作るカレーは時間をかけても、なぜかおいしく出来ない。重い野菜や調理の手間を省いて好きなモノ をトッピングするだけのカレー 。

トップページに戻る

登山の食事の考え方

山では様々なごはんの食べ方があり、楽しみの一つです。食事それ自体のおいしさだけでなく、みんなで工夫して料理したりおしゃべりしながら鍋を囲んだりという行いそのものが楽しいのです。

一般的に登山日数が短い方が食事パターンの選択肢は多く、逆に日数が長くなれば制約が出てきます。

単独行(一人)なら

単独行の場合はすべての荷物を一人で持つため、食糧のカサも重さも使う水の量も控えめにしなければなりません。現実的には、調理不要なコンビニおにぎりやパンを前半に持ってきて、保存が効かない登山後半日程やボリュームがほしい夜ご飯にフリーズドライやレトルトを利用する、というパターンが多いかと思います。

フリーズドライを利用すれば値段は多少高くなりますが重量が軽くでき、レトルト食品なら水分を含んでいますから重くなりますが、値段は安く抑えられます。
いずれにしろこれらを利用すれば、食糧だけでなく燃料や調理器具、調味料などの荷物軽減につながります。

複数人数なら

複数人数で行く場合でも、各々がフリーズドライなどの食糧とコンロなど装備一式を持参して各自で済ませるスタイルをとるパーティもあります。

それくらい、最近では登山のコンロやクッカーは軽いものが売られていますし、この方法なら事前の打合せも簡単で済みます。それに、各自が火種や水、食糧など一式を持っているということは安全上理想です。

短期(日帰り、一泊二日)

日帰りや一泊二日なら、何も悩むことはありません。コンビニで買って大きな弁当ゴミが出てもそんなに気にならないでしょうし多少ゴミが多く出たり食糧が余って持ち帰る事になっても、それほど大きな問題にならないと思います。

真夏以外なら生肉を使ったメニューも多くできるでしょうから、好きな料理を楽しんで作ることができます。

長期(2泊3日~)

2泊以上する山行になるといろいろと頭を使わないといけなくなってきます。まず食事回数が増えることから、背負う食糧の量が増えますから、各食事の重量やカサを減らす工夫が必要になります。

生肉が使えないメニューが多くなりますし、初日に生ゴミが出るとその後の登山中ずっと背負って歩かないといけないので、材料の使い残しや食べ残しを出せません。

コンビニで買ったおにぎりやパンを持っていく

山での一番簡単な食事の摂り方は、コンビニで買ったパンやおにぎりを持って行くことです。目的地の移動中に購入できるので便利です。

一人で短期間の登山なら、何も準備せずにコンビニですべて調達出来てしまいます。最近のコンビニでは小分けのお菓子も多いしペットボトル飲料の種類が多いことから、忙しい人には大助かりです。

おにぎりですが、食べやすく腹持ちもいいし、余らせてしまったものはラーメンの残り汁に入れて食べたり雑炊にしたりと変化を楽しめます。

ゴミが少なく、パック弁当よりもちょっとした休憩で食べきれるところも優れています。ただし暑い日には傷む可能性もあります。真夏の、特に低山の登山では要注意です。

塩気がある惣菜パンは登山中には食べやすいですが、傷みやすいです。逆に黒糖ロールやスティックパン、レーズンボールなどは比較的長持ちし、夏山の6日目でも食べれます。

パンはおにぎりと比べ腹持ちは悪く水気が少ないので喉を通りにくこともありますが、糖分やカロリーを多く摂ることができます。メインの食事としてだけでなく行動食としても使えます。

カップラーメンを作る

日清 カップヌードル 77g×20個

お湯を注ぐだけのカップラーメンは本当に便利。すごく簡単な食事ですが、山のカップラーメンは家で食べるよりも何10倍も美味しく感じます。特に寒い時期の登山には暖かいスープの食事が最高に幸せで、「山頂でのカップラーメン」は多くの人にとって楽しみの一つです。

お湯を沸かすのにはコッヘルやストーブ、もしくはサーモスに入れた熱いお湯が必要になります。カップラーメンは持ち運びにかさ張りますしゴミもかさ張るので、やはり短期間山行だけになります

インスタントラーメンを作る

ラーメン5種 : 塩らーめん みそラーメン うまかっちゃん 出前一丁 チキンラーメン (各2食セット(計10食))

山行が長くなるなら、ゴミのかさ張らないインスタントラーメンが良いでしょう。作ったら、そのままコッヘルをどんぶりにして食べます。

アルミ製のコッヘルに比べ、チタン製のコッヘルは口をつける部分が熱くなりにくいので食べやすいです。

ラーメンの残り汁におにぎりなどを入れて煮込めば、美味しいラーメン雑炊にもなります。インスタントラーメンは朝ごはんにも良く用いられます。

フリーズドライ食(ドライフーズ)

アマノフーズ 小さめどんぶり 4食P(3種入)

簡単に作れて、軽くて日持ちする食事がフリーズドライ食。お湯を注ぐだけで、パスタ、ピラフ、ドライカレー、混ぜご飯などのご飯もののほか、カレールーや味噌汁など豊富なメニューの食事を作ることができます。

スプーンが初めから用意されているものもあるので、このドライフーズとあとはお湯(もしくは水)さえ用意できれば簡単にご飯を食べることができます。

ご飯を炊く

やっぱり自分で炊いたご飯。フリーズドライやレトルトのご飯も簡単で良いのですが、炊いたご飯は満足度と満腹感が違います。

そして何よりも美味しく、しかも安い。人数が多い場合はお米を炊いてしまうのが一番ボリュームを稼げるでしょう。

料理をする

究極の食事はやっぱり自分で料理を作ることです。作って食べるのは本当に美味しいし、仲間でワイワイいいながら食事を作るのは楽しいものです。

簡単にウインナーを焼くのもいいですし、カレーをジャガイモの皮むきから作り初めても良いでしょう。調味料や食材やナイフなどの道具が必要になり荷物も重くなってしまいますが…。

ランタン(ヘッドランプ)

夜間にテント内で過ごす場合にはヘッドランプの明かりだけで十分です。
麓のキャンプ場を利用するときには、ランタンを用意することもあります。ランタンの優しい明かりで過ごす夜はなかなか素敵です。

PETZL(ペツル) TIKKA ティカ E93 AAC レッド


キャンドルランタン

UCO(ユーコ) アウトドア キャンプ キャンドルランタンキット レッド 24371

登山でランタンと言えばキャンドルランタンです。キャンドルのサイズにもよりますが、テント内で荷物を整理したり、手元に置いて本を読んだりするには十分な明かりを得ることができます。

ユーコのキャンドルランタンは移動時には小さく収納することができ、シンプルな構造で使い勝手も良い人気のあるキャンドルランタンです。

ガスランタン

PRIMUS(プリムス) IP-2245A-S ランタン【日本正規品】

トップページへ戻る