登山前のトレーニングについて

スポンサーリンク

山を楽しむためにはそれなりの体力があった方が良いでしょう。もちろん、体力が無くても登山はできますが、体力があればより山の楽しみ方を広げることができます。
普段の生活に少しづつでもトレーニングを取り入れ、徐々に体力をつけていきましょう。

階段の登り降り

日常でできる一番効果的なトレーニングは階段の登り降りです。階段の登り降りで使う筋肉は登山で使う筋肉とほとんど同じなので、直接的な効果があります。自宅や会社、駅の階段ではエレベーターを使わずに、階段を使って登り降りをすると良いでしょう。地味かもしれませんが、続けると力になります。

スポンサーリンク

ウォーキング

心肺機能を高めるためにジョギングは有効なトレーニングです。しかし急にジョギングを始めると疲れすぎて体の調子が悪くなったり膝を痛めたり、また中高年の方には心臓への負担が強すぎます。なのでまずはウォーキングから始めてみましょう。 ウォーキングは大きく体を使い、早足で一間ほど歩きます。心肺機能を強化し、全身に効率よく酸素をを送り込める、疲れにくいからだをつくりましょう。

スクワット

自宅で手軽にできるトレーンニングにはスクワットがあります。スクワットは登山に近い太ももの筋肉を使います。しかしやり方次第では膝に負担がかかりますので、指導書を読み正しいフォームで行うことが大事です。

スポンサーリンク